<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
旅の記録〜12日目:ニース





c0044256_0271872.jpg
空港近くのSuitehotel Nice Aeroport Arenas。新しいホテルらしくまだピカピカ、部屋は狭いながらも一晩寝るには充分。
ホームページから一ヶ月前に予約すると一泊で約半額の70ユーロで泊まれました。
でも朝ご飯がな〜、、、。




















c0044256_230359.jpgチェックアウトしてタクシーで向かうはニース旧市街。
今回何しにニースに来たかっちゅうと友人kyotachanと会う為です。
いや〜ここまで長かったですね(大変お待たせしました、汗汗汗)。
































c0044256_22463315.jpg旧市街、裁判所の噴水前で待ち合わせ。やく7年ぶりの再会をサラッと済ませ、紹介してもらった下宿屋さんに荷物を置いて、近所の市場見学です。

































c0044256_026377.jpg野菜、果物、パンにチーズ、ジャムやスパイス…etc、いろんなものが並んでいてどれもこれも美しい!写真撮りまくってましたが全てが絵になる、楽しいー。
kyotachanは今夜の夕食の食材をお買い物、ズッキーニの花の天ぷらを揚げてくれるということだったけど…残念ながら見当たらず。
















c0044256_2304310.jpg市場を抜けて、更に旧市街を進みます。
細い通り沿いには色んなかわいいお店が沢山♪































c0044256_0283246.jpgここは塩屋さん。色んなフレーバーの塩が飾ってあって、おっしゃれ〜!
お土産に最適だね、と話していたのですが、、、帰る前に買うつもりが買い忘れました。




















c0044256_0275876.jpgおすすめだというこのお店でチーズも数種類買ってもらっちゃいました。
日本に較べると三分の一くらいの値段!羨ましいぃぃぃ。





















c0044256_2324668.jpgお買い物が済んだらkyotachan家へ。
おじゃましま〜す!

































c0044256_233048.jpgまずはビールで乾杯、、、って奥さん飲んでませんでしたよね?
つまみの塩ピーナッツが美味しい。子供がむさぼり食ってました。






























c0044256_029669.jpg手際よくお昼ご飯を作ってくれるkyotachan。
ふ〜む、と手際の良さに感心していると、「そりゃー手際よくもなるよ」と本人。確かに、子供4人も育ててればそりゃそうだわね。
鍋で炊いたご飯の炊け加減もバッチリだったしね。























c0044256_22443566.jpg次男がかなり楽しみにしていたおにぎりをごちそうになり、
学校と幼稚園に行っているkyotachan家の子供達のお迎え時間まではだらだらと。























c0044256_2244503.jpg夕方には歩いて10分くらいの学校へ子供たちをお迎えに。






















c0044256_2245578.jpg帰る途中で更に食材買い足したりして、
























c0044256_2245201.jpg母は再びご飯の準備です。























c0044256_2245416.jpgその間子供達は、、、ゲームです。






















c0044256_22464918.jpg夕方早めにkyotachan家ダーリンも帰宅し、、、
昼食後昼寝しに下宿屋さんに戻っていたオットも再びやって来て、、、
夕食タイム〜♪
























c0044256_22471144.jpg昼間のような明るさですが推定午後七時。生ハムメロンもいけたけど、写真にはないキッシュも美味しかったね〜。

























c0044256_22474950.jpgビール飲んで…




















c0044256_2248563.jpgワイン飲んで…





















c0044256_2333292.jpg仕上げはポルト。
デザートのアーモンドタルトも美味しかった。
ごちそうさまでした〜♪
[PR]
by gudigudi | 2009-06-27 00:29 | | Trackback
旅の記録〜11日目:バルセロナ最終日、ニースへ

c0044256_15225232.jpgとうとうバルセロナ最終日、夜にはニースへ移動です(やっと!)。
朝食はホテル近くのバルでコーヒーとボデカージョ(サンドイッチ)をテイクアウト。荷物をまとめながら部屋で軽く食べて、チェックアウトを済ませたら地下鉄でカタルーニャ広場へ。
写真は地下鉄、真っ赤な真っ赤なケンバイーキ♪





























c0044256_7583211.jpgホテルからスペイン広場までぷらぷら歩き地下鉄駅へ。













c0044256_12515999.jpgカタルーニャ広場からランブラス通りを港に向かって歩くと、途中右手にサンジョセップ市場があります。着いた日に行きたかったこの市場、メーデーと週末のお休みでやっと最終日にやっと行けました。

















c0044256_11351384.jpg門をくぐるといきなりカラフルなお菓子や果物がたくさん!
















c0044256_11353071.jpgチョコやキャラメル、ナッツ類も色んな種類が量り売りされていました。


















c0044256_7585179.jpg見学はさて置いて、混みだす前にお昼ご飯♪
門を入って突き当たり左手にあるLA GARDUNYAという魚料理が美味しいとネットで見たお店に入りました。メニューを見てもよくわからなかったのでお昼のコースメニュを三つ頼みました。コースは前菜、メインデザートにワンドリンクで13ユーロ。それぞれ4-5種類の中から選べるのですが、意味が分からないので上から三つ、下から三つ、デザートは三種類だったので一つずつというオーダーです。













c0044256_7591599.jpgが、しかし、このお店をネットで見つけた時、確かサルスエラという魚介のスープがおすすめだと書いてあったのを後から思い出しました。なーんだ、とがっかりした様子のオット。メインのお魚は美味しかったのですが、前菜類はサラダ(写真左)、目玉焼き(写真中、ぷぷぷ!)、もうひとつ何だったけかな…と普通過ぎてオットは不満だった様子。















c0044256_7593399.jpg途中から店内も満席、二階にも席があるようで人が登って行きます。お魚は美味しかったなー、揚げたて焼きたてだったし。でもバルセロナ最後の食事でしたからね〜、サルスエラってメモしておけば良かったわ、って普通するよね^^;

















c0044256_15231420.jpgお腹いっぱいになって市場の中を再び歩いていると、一角にバルが数軒集まっている場所があります。その中でもここ、在住の方がmixiで美味しいとお勧めしていたお店UNIVERSALです。どこも美味しそうだったけど、こうやってざわざわした中カウンターでワイン飲みながらってのがいいですね〜。せめて写真だけでもと思ってカメラを構えるとおじちゃんが振り向いて…なかなかあっち向きません。しかもカメラ目線?
ピント合わせに結構時間がかかったのですがおじちゃんの目線は変わらず、つまりは撮れってことかしらんと解釈してシャッターを切りました。





























c0044256_1135462.jpgお魚屋さんは早く店じまいするようで、開いてるお店は数軒でした。
















c0044256_12522745.jpg生ハム屋さんはどこも盛況です。

















c0044256_15301946.jpg市場見学の後は地下鉄でサグラダファミリアへ移動。
切り立った岩山のようなサグラダファミリア!!!
圧巻ですな〜。
と、見学前、地下鉄出口を出てサグラダファミリアを横に見ながらすぐの銀行に立ち寄ったわたしたち。
今回の旅行はトラベラーズチェックとユーロ現金の他にシティバンクのカードを持って行ったのですが、そろそろ手持が怪しくなってきたのでおろしておこうと思ったのですよ。
カードを入れて暗証番号を入力するとエラーになってしまう。ん?と思いもう一度トライ!したのが良くなかった…なんと再び画面にエラー表示が出たうえカードが出てこないー!!!
ひょえー、今夜には移動してしまうのにどうしよー…銀行に電話しても英語が通じずたらい回しの果てには留守電に切り替えられたりして数十分間途方に暮れましたよ、とほほ。結局は偶然通りかかったその会社の人をつかまえて担当が違うから出来ないって言うのを「なんとかしてくれ〜!」と頼み込んでカードを出してもらいましたよ、ほっ。











c0044256_15304099.jpg一時はどうなるかと思ったけど無事サグラダファミリア見学開始。混んでたので登らなかったんですけど(恐怖のロープウェーの影響もあり)
、地下の資料館がこれまた見応えあって面白かったです。サグラダファミリア着工当時(1882年)のバルセロナってなーんにもなかったんですね〜あたりまえだけど。数十年おきの工事の写真?がいくつかあって、徐々にその真の姿が現れる過程が面白い!まさかこんなのが建つとは当時の人たちは思ってなかったんじゃないかなー。
















c0044256_12524649.jpgサグラダファミリアをじっくり見た後はホテルに戻って荷物を受け取って、再びスペイン広場から空港バスでバルセロナ空港へ。ガイドブックで調べてvueling航空のカウンターがあるらしいBターミナルで降りたのですが、聞いたらCターミナルだった!
















c0044256_12531159.jpg広いんですバルセロナ空港、しょうがないから歩きましたが。























c0044256_12532874.jpg空港内で最後のタパスでグビグビいきました〜。
左:ニースってスペイン語だとニーザNIZAなんですね。


















c0044256_15233178.jpgバルセロナもとても楽しかった!21:20発のVueling Airで最後の目的地ニースへ出発です。
[PR]
by gudigudi | 2009-06-19 08:14 | | Trackback
旅の記録〜10日目:バルセロナ
c0044256_0322634.jpg今日も一日バルセロナ見学。
出発前の予定では列車で2時間ほどフランス側にあるフィゲラスという町に行ってダリ美術館へ一日、また電車で一時間くらいのところにあるカバとワインの醸造所見学に一日かける予定だったのです。でもバルセロナ市内での居心地が良かったのと(お天気もいいし♪)遠出するのが億劫になったのとで三日間をバルセロナでゆっくりと過ごすことにしたのです。
実際はちょうどメーデーの連休と重なっていたりしてバルセロナ中が予想以上に混んでいたこともあり、それぞれの観光ポイントでの入場に時間がかかったりして結果オーライ、ちょうど良かったのですけどね。


















c0044256_0324785.jpg連日の好転機、やはり日頃の行いの良さの現れでしょうね。
朝ごはんの時間から日焼けの心配をしなきゃならんというのは置いておいて…。






























c0044256_0335381.jpg先ずはホテルのそばのモンジュイックの丘にあるミロ美術館を目指します。
























c0044256_0341088.jpg11時頃ついてみるとここも行列!いつもは絶対並ばないオットがミロ好きだったらしく(知らなかった)ここは見たいというので一時間程並びました。































c0044256_0342644.jpgミロも人気なんですねー、サクット見てモンジュイックの丘をお散歩。







































c0044256_036359.jpgここからの見晴らしは素晴らしいですー!サグラダファミリアもよく見えるし!(写ってませんけどね)

























c0044256_0363765.jpg港までつながっているロープウェーで降りようということで、さらに一時間近く並びましたよ、ここも。この展望台からの眺めがまた素晴らしい!































c0044256_037469.jpgこのロープウェーが古いのなんのって!待っているうちに段々怖くなってきて…乗ったはいいけど外の景色も楽しめないくらい怖かったー。おまけに到着した塔がまた古い!エレベーターが一機あってまたそれに並んで降りるんですが、待ってる間に結構揺れるんですよこれが。いや別に高所恐怖症では全くないのですが、はぁ〜もう二度と乗りたくないわ(笑)。
































c0044256_0385043.jpg無事に地上に降り立った後はバルセロネータという地区にあるバルを目指したのですがお休み(または夜だけの営業だったのか)。たまたまネットで目にしていたエスニックレストランWUSHUの前を通ったので入ってみました。
店内とてもおしゃれ。エスニックと言っても焼うどんなるものもあり、他にナシゴレンにグリンカレーを頼んでみました。どれもその名とは全く別の食べ物ですが、ナシゴレンは生もやしの食感が楽しかったしグリンカレーは久々のあの香りに大満足。





























c0044256_0391668.jpg一旦ホテルに戻ってうだうだした後、再びスペイン広場から今度は地下鉄でカタルーニャ広場へ。
























c0044256_0393147.jpg地下鉄は奇麗だし路線も分かりやすくて便利です。

















c0044256_039496.jpgカタルーニャ広場からランブラス通りをブラブラと散策。所々に色んな格好に扮したパフォーマーがいて、それを見ているだけでも時間が過ぎます。

































c0044256_0401334.jpg夕食は前夜から予約していた和食屋さん旬香へ。2夜連続の和食ですが、、、なんというか、勢いついて止まらなくなったというか…(汗)

































c0044256_0403748.jpg実は前夜に電話をした時はこのお店は満席で、翌日の予約を入れておいたのでした。でもって気分は和食なもので、代わりにWASABIにいってみたというわけで。いやー、和食って毎日食べても飽きないですね(おい!)
店内ここがバルセロナってことを忘れるくらい自然に日本的。この夜も満席の様子、人気なんですね〜。
[PR]
by gudigudi | 2009-06-15 00:42 | | Trackback
旅の記録〜9日目:バルセロナ
c0044256_10521870.jpgホテルから地下鉄やバス停の最寄り駅スペイン広場までは歩いて7-8分。朝ごはんはその途中にあるカフェで。
カフェコンレチェにコラカオです。





















c0044256_10523578.jpg今日は朝からよい天気。日焼け止めを塗って行動開始。






















c0044256_1052509.jpgスペイン広場からBARCELONA BUS TURISTICに乗ることにしました。
このバスは2階建てで2階席はオープン。決められたコースをぐるぐると回っているのですが、どこから乗ってもどこで降りてもOK。1日券、2日券、3日券とあってその間は何回乗っても自由です。最初に乗る時にイヤホンを渡され各座席にあるジャックに差し込みます。チャンネンルは各国語があって日本語を選ぶと今走っているポイントにあわせてガイドが流れます。























c0044256_1053112.jpgスペイン広場は青コースのバスが止まるのですが、一つのコースを一周するのに2-3時間程度。この日は午前中青コースでぐるっと回って、バルセロナの街の位置関係をつかむことにしました。
天気もよくて気持ちがいい!日焼けすること間違いなしなのですが、カラッとしているので気になりません…気にしなくちゃいけないんですけどね。






















c0044256_10532665.jpgスペイン広場を出るとオリンピックの会場になったモンジュイックの丘にのぼり、バルセロナ中を見渡せる素晴らしい景色を見ながら港へと降りてきます。マルコポーロの像を通り過ぎ、海沿いをしばらく走って北に方向転換、サグラダファミリア方面へと。
































c0044256_10534435.jpgバスは定員制。2階の席が人気があるため、空いた席数の分だけ一階席から移動出来ます。
























c0044256_1054775.jpgかなりの台数が走っていたので待ち時間も短く移動手段として利用する手もあるかも。主要な観光スポットにはほとんど停まります。
























c0044256_11151936.jpg2時間近く乗った後カタルーニャ広場で降りました。カタルーニャ広場はとても賑やか、どこへ行くにもとても便利なな街の中心です。
ここから歩いて午後はガウディ建築巡りの予定、その前に腹ごしらえですね。































c0044256_11153738.jpgCERVECERIA CATALANA。前もって調べて行ったお店に入れることが少なかったこの旅、このお店もカタルーニャ広場から歩いて行くうちに暑いわ喉かわくわお腹がすくわで諦めようかと思ってた所でたどり着きました。





















c0044256_08383.jpg12:30頃でカウンターには隙間なく、奥のテーブル席の受付前にも数人の人。ダメかな?と思ったけどぎりぎりで4人席へ通されました。
カウンターのガラスケースにはいろんな食材がずらりと並んでいて、それを指差してテーブル番号を書いた紙を見せてオーダーします。
































c0044256_21431100.jpgお腹が落ち着いたので観光の続き。まずはCASA MILA(ミラさんのお家)。行列ができていたのでしばらく外から眺めて終わりです。

































c0044256_21432461.jpg次はCASA BATLLO(バトリョさんのお家)。こちらも並んでいましたが、さっき程ではなかったので並びました、20分くらいかな。
































c0044256_21434359.jpg入場料高いです、16.50ユーロ、でもイヤホンガイド日本語音声ありがついてますので助かります。
































c0044256_2144160.jpgこんな建物が普通に町中に建っているのだからスゴい、そして今現在もこの建物の中に住んでいる人がいるというから羨ましい!



































c0044256_1119167.jpgカーサバトリョの後はバスでParc Güell(グエル公園)へ。
















c0044256_1119191.jpgバルセロナの町中もそうですがここも混んでたー!暑いし混んでるしでざっと回って終了…もうちょっとゆっくり見て写真も撮りたかったな。。。















c0044256_21221256.jpgグエル公園といえばトカゲの噴水が有名なのですが実物の周りは人だかりで写真撮れなかったので最後にトカゲの衣装のパフォーマーと記念撮影。トカゲヘルメットにお金を払います。
















c0044256_21223689.jpgカタルーニャ広場のデパートにてちょこっとお買い物してホテルで一休みした後、夜は居酒屋WASABIへ。寿司、焼き鳥、ラーメンなどなどなんでもありましたが、一番嬉しかったのが七味!(嬉しさのあまり写真ピンぼけ)。どこに行っても胡椒はあるけど唐辛子がなくて、MY 七味を持参しなかったのを悔やんでいたのでここで出会えて嬉しかった〜♪
[PR]
by gudigudi | 2009-06-12 11:21 | | Trackback
旅の記録〜8日目:バルセロナ到着
c0044256_22401993.jpgトレンオテル(夜行列車)内の食堂車にて朝ごはん。バルセロナに近づいてくると右手には海が見えてきます。
カウンターだけの立ち飲み食堂車もあるのですが、長男のたっての希望でテーブル席へ。
思ったよりもちゃんとしたソファ席と十分な広さのテーブルです。























c0044256_22404659.jpg5.9ユーロセットを一つと8.0ユーロのセットを二つ注文しました。
セット三つに対してオレンジジュースを四つもってきてくれたおじさん、ありがとう!
で、、、後から気がついたことにパンが二つしか来てないんですけど…
って言いにくいのと面倒なのとで、まっいいか、と諦める気弱な夫婦。
パンもオムレツもあらかじめ作り置き、温め置いたもの。でも雰囲気重視ですから初食堂車体験を楽しみました。




















c0044256_22411544.jpgわたしとオットは夜中に何度も目が覚めたのですが、子供たちは一度も目覚めずにぐっすりと眠った様子。
起きた途端に遊びだします。



















c0044256_22413679.jpg予定通り9:30頃バルセロナに到着。
バルセロナは雨、駅からタクシーでホテルへ向かいました。
チェックイン時間前だったけどすんなり部屋に入れてもらえて助かったー!














c0044256_913945.jpgバルセロナでのホテルはHOTEL FILA PALACE。日本からBOOKING.COMで予約していきました。
3泊で371ユーロとお手頃価格、雨の日対策の室内プール有り、部屋が広いので普通のダブルの部屋でも4人泊まれる、と好条件。
旧市街メインのランブラス通りから地下鉄使って10分くらいでしょうか、タクシーだと8ユーロくらい。不便というほどでもないけどそんなに便利でもない立地。
悪くはないんですけどねー、わたし的には多少賑やかすぎても場所は繁華街がいいなと実感しました。
次回いくなら断然ランブラス通り近くのホテルにしたいな〜。
右:WIFIのパスワードカード。1日12ユーロは高いかな。











c0044256_922945.jpgまずはタクシーでランブラス通りへ。サンジョセップ市場の中でお昼を食べたかったのだけど、この日は5月1日メーデーでお休み。ランブラス通りからちょっと脇に入ったレストランでビールとおつまみを。




















c0044256_10323521.jpg
その後オットの希望で歩いてすぐのところにあるMACBA(バルセロナ現代美術館)を見学しました。
企画展の準備中かなにかで一階の常設展示だけだったのであっというまに見学終了、建物の壁が面白かったのでここでも記念撮影です。壁にへこみがあるのですが、大人もみんなここに入って写真撮っていました。




























c0044256_921396.jpg右:通りがかりのひょうきんな男の子と一緒に。

















c0044256_924986.jpgランブラス通りを散策したあと一旦ホテルに戻り、夕食はホテル近くの中華料理の鶴城酒家へ。
餃子、野菜炒め、焼きそば、汁そばなどなど。地元の中国人のかたたちが沢山食べにきていました。
スペイン料理の名前は予習してあったので単語を見ればなんとなく想像がついたのだけど、中華は写真付きのメニューに慣れているせいか予想以上にメニュー選びに悪戦苦闘、でも美味しいものにたどりつけて良かった良かった。
[PR]
by gudigudi | 2009-06-11 22:45 | | Trackback
旅の記録〜7日目:グラナダ、アルハンブラ宮殿と夜行列車
c0044256_2327267.jpgアパート目の前のヌエバ広場。ここから徒歩15分程度でアルハンブラ宮殿のチケット売り場にたどりつきます。
ツアーに参加したり、前もって入場券を予約していれば、多分すんなりと入場できるのでしょう。
しかし、優柔不断にも直前までスケジュールが決まられなかったわたしたち(わたし)。前日の日本語情報センターで仕入れた裏技を使うべく、朝7:40頃にオットが徒歩でチケット売り場に向かいました。

通常チケットの売り出し開始は朝8:00。でも7:00頃に行っても2時間待ちは当たり前との前情報あり。裏技、教えてもらったけど実は早口でよく分からなかったわたしたち(汗)。チケットがとれるかとれないかドキドキと待つわたし。
8:20頃オットが帰ってきました!
えー!?もう?やっぱり?無理だった?そうだよね〜並ぶの嫌いだもんねー。しょうがないしょうがない、またいつか来ればいいよね〜…とわたし。
何やら細長い紙を差し出すオット。
チケットー!?こんなに早くとれたのー?とビックリ。
やはり裏技をご存じない方々が八時前には100人程度は並んでいたそうで…日本語情報センターサマサマです。






















c0044256_23273621.jpg12:00にチェックアウトしたあと荷物をアパートに置かせてもらってお昼ご飯。
ヌエバ広場に面したケバブ屋さんでセット三つ。ファラフェル初体験。
午後は歩き回る予定なので昼セルベッサ(ビール)は我慢我慢と。





















c0044256_1395712.jpgヌエバ広場からアルハンブラ宮殿へと続くゴメレス坂をぷらぷらと登って行きます。両脇にはこんな感じのお土産屋さん。

























c0044256_13102734.jpgこまごまと可愛いものが沢山。



















c0044256_13124598.jpg後から気づいたけどカテドラル近くの路地に並ぶ土産物屋さんよりずっと安い。ここでは小さなタイル一枚1.5ユーロのところ同じものがカテドラル側だと2.5ユーロ。































c0044256_23284899.jpg左:門を入ってからアルハンブラ宮殿に続く坂道。
右:アルハンブラ宮殿のチケット4枚。子供は無料だけどチケットは必要。予約または購入の際に子供の人数も入力するようになっています。















c0044256_232911100.jpg予約のある方もない方もこちら側へ、裏技のポイントです。

















c0044256_23294146.jpgいよいよアルハンブラ宮殿内部へ。
一番の見所ナスル朝宮殿は入場制限があり、30分ごとに入場時間があらかじめチケットに印刷されています。その時間に間に合うように広い敷地内を移動する必要があります。わたしたちは13:30からの入場だったので、その時間にチケット売り場とは反対の裁きの門から入場しました。ナスル朝宮殿には一番近い門です。























c0044256_2330179.jpgナスル朝宮殿内はいたるところに細かい模様が彫り込まれています。イスラム建築の壁、天井、柱、それぞれに延々と続く幾何学模様…もともとこういうものに興味の持てないわたしでさえも、はぁ、溜め息ものですよぉ。























c0044256_23302714.jpg

































c0044256_23305376.jpg































c0044256_23314644.jpg子供たちにとってはただのお散歩と変わらなかったかもしれないけど、意外と飽きずについてきていました。


































c0044256_23321180.jpgこの天井がまた美しい、そして長く見ていても全く飽きない、ずーっと見ていたい気分でした。

























c0044256_23323768.jpgここでもネコちゃんの姿を沢山見かけました。観光客にもかわいがられてました。


































c0044256_23325528.jpg別の建物、カルロス5世宮殿にて、素敵な風合いの壁の前で記念撮影。
































c0044256_6163010.jpgこれまたカルロス5世宮殿。ここはガランと広くて子供は走り回ってました。
























c0044256_6164895.jpgまた別の建物、軍事要塞アルカサーバ。大砲用の覗き穴?から見たアルカサバの兵士たちのための住居やローマ風呂の遺跡です。































c0044256_617176.jpgアルカサバの塔からはグラナダが360度パノラマで見渡せます。これはちょっとズームで昨夜泊まったヌエバ広場あたりを撮ったもの、中央にカテドラルも見えています。
























c0044256_718351.jpg約三時間かけて見て回ったアルハンブラ宮殿を後にして、再び歩いてゴメロス坂を下りカテドラル近くの土産物屋さんが並ぶ路地をを散策。
中:次男はパチンコを気に入って欲しがっていましたが却下。
















c0044256_7181812.jpg夕食は適当に開いていたタベルナへ。まだ19:00頃だったのでガラガラの店内に一番乗り、ワインが美味しかったな〜。
20:30頃アパートで荷物を受け取り目の前のタクシー乗り場からグラナダ駅へ。


















c0044256_7183437.jpg改札手前には荷物検査の機械があったのでしばらく待っていたけど駅員さんは誰もいません。改札も人気なし。結局荷物検査もなく、そのままホームへ。列車の乗り口で英語を話す車掌さんが部屋の場所を案内してくれました。
21:55グラナダ発バルセロナ行き夜行列車。空はまだ明るさが残っています。













c0044256_7184933.jpg二等車4人部屋。大人には(特に男性)ちょっと厳しいかな〜子供にとってはかなり楽しかったようで、後で何が楽しかったかと次男に聞くとベッドのある列車だと答えておりました。
[PR]
by gudigudi | 2009-06-08 23:34 | | Trackback
旅の記録〜6日目:NERJAネルハからGRANADAグラナダへ
c0044256_8103039.jpg日の出を見ようと長男と二人でBalcon de europeへ向かう。広場脇の階段を降りたところにあるPlaya de Calahonda
カラオンダ・ビーチ。とても小さいビーチの端っこに、こんな可愛いお家が!誰か住んでるんでしょうかね?




















c0044256_8104290.jpg早朝の海は静かでいいですね〜。いつまでも見ていたい気分、、、だけど日が昇ったとたんに日差しが痛い!
















c0044256_8105726.jpgしばらくビーチで小石など拾いまして、後から遅れて来たオットと次男と合流して朝ごはんです。Playa de Calahonda
カラオンダ・ビーチの上にあるカフェでクロワッサンとカフェコンレチェ。子供たちはショコラタコンレチェだったかな。
右:朝の海にはネコがたくさんいました〜写真撮るの難しい^^;



















c0044256_0173755.jpg9:45発のバスでグラナダへ向けて出発です。この写真は向かいのバス停に泊まっていたフリヒリアナ行きのバス。朝から混んでますね〜!






















c0044256_0495343.jpg1時間ほど海沿いを走った後バスは内陸にはいり、12:00にグラナダ着。タクシーで地球の歩き方にのっていたホテルを目指してアルハンブラ宮殿に近いヌエバ広場まで移動する。最初のホテルは値段の割に部屋がせますぎるということで交渉決裂。その後もオットたちが広場から看板が目に入ったホテルを数件見てまわっている間、わたしたちは広場をぶらぶら。ふと最初のホテルの小道を鋏んだ隣のカフェを見上げるとAPARTOMENTOSの垂れ幕がありました。





















c0044256_824172.jpgApartamentos La Hacienda Plaza.1階のカフェがフロント代わり、英語のはなせる若い女性が最初は対応してくれたけど、終わるとどこか他の建物に消えていきます。通常は英語のはなせないオーナーのおじちゃんが対応しているのですが、何かあるとその女性を呼んでくれるらしい。
部屋はベッドルームとリビングとに分かれていてキッチン、全自動洗濯機あり。内装はまだ新しくて気持ちがいいし、お湯の出がちょっと弱いけど時間をおいて入ればまた復活(冬は厳しいかも?)。これで平日64ユーロと安〜い!
長期だとこういうアパートメントタイプは魅力ですよね。一泊だけなのでキッチンは使わず、使い方が分からなくて洗濯機も使えず(涙)。
















c0044256_23143081.jpgグラナダはアラブ文化の色濃い街。ヌエバ広場からアルバイシン地区へと細い道を入ってしばらく行くとアラブ人街があります。そこでお昼ご飯。
飲み物はアルハンブラビール♪






















c0044256_8242516.jpg適当に入ったkasbahというテテリアのランチ。テテリアとはアラブ風の喫茶店でしょうか。
右:ショーケースにアラブのお菓子















c0044256_8183842.jpgカレーとクスクスとフムス。フムスは日本で食べるものと似たような味で子供たちも喜んで食べていました。カレーはかなり不思議な香りの香辛料が使われていて、クスクスはプラムか何かが大量で甘め。すっごく美味しい〜♪ってわけではないけど、とても興味深く食べました。






















c0044256_8244359.jpg夕暮れのアルバイシンの丘から見るアルハンブラ宮殿が素晴らしいというので、それまで時間をつぶすべく街をぶらぶら。
そういえば出発前にうろちょろしてたサイトや本でやたら見かけた日本語情報センター。なんでも無料でホテルやレストラン情報をいただけるということで行ってみました。ヌエバ広場から遠くないとあるビルの一室。入口で大きめにノックして入ります。アルハンブラ宮殿のチケットの予約が出来るかを聞いてみたらかなり先まで売り切れとのこと。かわりに早朝からのチケット確保のための並び方と裏技を教えていただきました。この裏技、かなり使えます。チケットがとれなかった方は日本語情報センターにいってみましょう!






















c0044256_2312372.jpg夕暮れ時、、、にはまだまだのアルバイシンから見たアルハンブラ宮殿。日没は9時近くですから、例によってそんな時間までぶらぶらしてられませんって。ギリギリまで頑張って七時過ぎくらいまでいました。ライトアップされた宮殿がたいそう美しいらしいのですが、一泊じゃむりですね、いつかまた来ましょう。





















c0044256_23125532.jpgこの広場では露天を出していたりフラメンコを踊ってたりする多年齢層のグループがいまして、この日もギターの音色とステップを踏む音が夕暮れ時のアルバイシンの丘に響き渡っておりました。う〜む、いい雰囲気♪と遠巻きに眺めていると急にザワザワ、警官がゾロゾロとやってきて露店のお姉さんたちの商品は没収、フラメンコ集団も退去、数人がパトカーで連行されていきました。はービックリ。
ざわついていた広場もしばらくすると夕暮れ(まだまだ)のアルハンブラの眺めを楽しむ人たちの静かな空間に戻ったのでした。フラメンコギター、もっと聞きたかったな〜。


























c0044256_23131380.jpgアルハンブラバスで夕食のお店へ。日本語情報センターで教えてもらった和食屋さんZAKUROです。グラナダのバルも楽しみだったのですが、ま、そろそろ和食な気分だったのですよね。

こちらのお店ZAKURO、オーダー後頼んでないのにお寿司のお皿が!あれ〜???すると日本人女性の店員さん曰く「グラナダのバルは飲み物ひとつ注文するとタパ(小皿料理)が1皿ついてくるのが特徴で、うちもやってるんです」とのこと。
お醤油ちょちょいとつけて一人二つずつ…うーん!醤油がしみるぜ!!!


















c0044256_23133394.jpg最初のタパ寿司ですっかりエンジンかかっちゃって食べました〜♪食べ過ぎ。
こちらのお店、立ち飲みのカウンターもあって、スペイン人らしき若者が一人でカウンター立ち食いで軽く寿司をつまんでおられました。かっこいい〜、流石に写真は遠慮しちゃいましたが^^

外は気持ちのよい夜風がふいており、ほろ酔いでアパートまでぷらぷら歩いて帰りました。
やっと子供たちも遅い時間のご飯に慣れてきたようでした。
[PR]
by gudigudi | 2009-06-02 00:42 | | Trackback