カテゴリ:旅( 58 )
訂正〜波照間blue
c0044256_0485788.jpg


携帯写真もなかなかだと思ってたけど、あれは波照間blueではなかったですね。
でも、本当はどんな色だったのかもう正確には思い出せない。
いつでも、何度でも見に行けたあの五日間がもう懐かしい…
はて、早くも病気にかかったかな。

ということでhokipoki〜itemに〝はてるまblue collection〟アップしました。
[PR]
by gudigudi | 2007-10-06 01:00 | | Trackback
壱岐~筒城浜…とおまけ
c0044256_21441441.jpg
田舎から帰ってきました。十日間程の里帰り、壱岐という島に行ってまいりました。
c0044256_21443375.jpg
博多からスピードボートなら約一時間でつくらしいのですが、唐津からはフェリーで一時間四十分。印通寺港という港に着いて、ネットで調べてあったビーチまでタクシーで向かいました、
c0044256_2144524.jpg
筒城浜は日本の渚100選と水浴場88選にそれぞれ選ばれている砂浜。着いて最初の印象は…ん?ここが?いや〜、砂は貝殻や珊瑚が細かくなってできた白い砂で、水も透き通っていて奇麗なんですが、砂浜がちょっと短いな〜。
でもま、商売上手なオバちゃんに導かれて海の家ビーチボーイの小上がりに場所を落ち着けて、泳ぎましたよ。
c0044256_2145927.jpg
この浜も奇麗だけど、バナナボートのお兄ちゃんが連れてってくれたお隣の大浜、そしてもう一つ隣のなんとか浜がめちゃくちゃ奇麗だった!人も少なくて静かで快適そうなビーチで、場所によっては沖縄本島にも負けないと思う(バナナボートのお兄ちゃんは自信を持って言い切ってましたけど)、次回は直行でしょう。
c0044256_21452710.jpg
次男はこの赤いGAPの海パンがお尻に食い込むらしく、
「ズボンがカンチョーする〜」と言っては五分ごとに浮き輪と海パンを下ろしてました(笑)。

おまけで
[PR]
by gudigudi | 2007-08-18 22:36 | | Trackback
GW後半〜牛の蔵赤坂店で焼き肉♡
c0044256_2052149.jpg
GW後半、美味しい焼き肉食べに行きたいな〜とネットでチェックして出てきたのがコチラ、牛の蔵。最初広尾店に電話したけどそちらは一杯、赤坂店に行ってきました。
何を食べたかすっかりわすれちゃったけど、写真を見て思い出しました。左上から時計回りでビールとキムチ盛り、牛の蔵サラダ、ナムル盛り、レバ刺し、三蔵盛り。

c0044256_2055023.jpg
こちらは左上からみすじステーキ、並カルビ二人前、上ハラミ、半冷麺、上ミノ、半ビビンバ。

鹿児島牛って初めてかも。どこの牛だって違いはよく分からない私たちですが、鹿児島牛、美味しかったです。わたし脂少なめ、噛みごたえのあるお肉が好きです。みすじステーキは大トロ風で柔らかいのですが、並カルビの方が断然好み。そして初めて食べたツラミ。ハラミと同じく内蔵扱いなのですが牛のほほ肉らしいです(面身ってこと?)。赤身の中にスジが入っているのですが、さっぱりしていて噛みごたえがあって美味しい〜♪お肉がたくさんついた牛スジを炙って食べる感じ、でも楽に噛み切れるので赤ワインのツマミに良いですよコレ、オススメです。
[PR]
by gudigudi | 2007-05-21 22:09 | | Trackback
GW〜長野ローカル線のたび
c0044256_1141280.jpg
ずいぶん経ちましたが、GWに両親と長野へ行って来ました。
c0044256_1145441.jpg
二泊三日、ローカル線の旅です。
c0044256_1151634.jpg
目的は父がずっと行きたかったという無言館
c0044256_1153833.jpg
とってものどかな雰囲気のローカル線を乗り継ぎます。
c0044256_116185.jpg
そしてご先祖さま(?付き)のお墓参り。
c0044256_1162625.jpg
無事二つの目的を果たした後、善光寺参り。
c0044256_1164820.jpg
名物唐辛子は帰ってみるとやたら品揃えのいい近所のスーパーにもあったりして…
c0044256_1171770.jpg
善光寺の善子さんと光子さん(意味が分かりませんが)。
c0044256_1173939.jpg
松本空港で両親を見送っ後、中央本線で帰ってきました。
食べたもの、東京駅構内で中華、一泊目の旅館のご飯、おやき、ソフトクリーム、門前蕎麦、二日目夜は松本駅そばでお寿司、駅弁。特筆すべきはお寿司くらい、松本でお寿司?!と思ったけれど(両親山の幸に興味なし)意外と美味しかったんですコレが。
今回食べたものの写真が一枚もありません。荷物と猿連れであまり余裕の無かったローカル線の旅、でもとても楽しかった。またこんな感じで何処か行きたいな。
[PR]
by gudigudi | 2007-05-21 01:48 | | Trackback
シンガポール、チャンギ国際空港での乗換え
c0044256_20411293.jpg
今回は往復共にシンガポールでの乗換え、待ち時間が行きは二時間半、帰りは四時間半と比較的スムーズではあったのですが子連れなので多少の心配はありました。
が、流石チャンギ国際空港、心配無用でとっても快適な待ち時間を過ごすことができました。
c0044256_20413932.jpg
子供たちのプレイグラウンドは広々としていて、親たちは周りのソファ席で見守ることもできます。
c0044256_2042872.jpg
次男が見当たらないなぁと探しているとこんな所に。色んな国の子供たちが色んな言葉でしゃべっているのも国際空港ならでは。
c0044256_20423232.jpg
24時間オープンのフードコートやバー、そしてコンビニ、カフェに映画館も、。併設されたホテルにはスパと野外プールもあるそうです。計画中、乗り継ぎの可能性をあれこれ考えている時に空港のホテルに一泊して行ったことのないランカウイやクラビへの旅も考えたのでした。でもこれなら空港での乗換え時間はあまり問題ではありません。五時間以上の待ち時間がある場合は、空港から無料の市内観光バスが出ているそうです。便利ですね〜。
c0044256_20444912.jpg
プレイグラウンドの横にはこれまた広々としたフリーインターネットコーナー。ここ以外にもフリーインターネットはあちこちで見かけ、暇つぶしには最適でした。

c0044256_2045628.jpg

そしてもう一つ、あちこちに置いてあってとっても役に立ったのがコレ。
c0044256_20452283.jpg
足モミ機〜!これがかーなーりー強烈で、みんな「オウッ!」って必ず声を出すか笑うかするので、自分が終わった後でもやっている人の顔を見て楽しめました。実際やり終わってみると足がスッキリ!長時間の移動で疲れた旅人には強力な味方です。
c0044256_20453938.jpg
そんなこんなで待ち時間も終わり、登場ゲートに向かう時間です。この時点で22:30過ぎ、お猿さんはまだまだ元気に走り回っていました。

今回の旅を振り返ってみると、なんと言っても飛行機の中が楽だった!の一言。二年前のバリ島旅行とは決定的な違いです。おかげで行きはワイン飲みながら話題の映画「デパーテッド」を集中して観ることが出来ました。そして帰りは「リトル・ミス・サンシャイン」。どちらも面白かった!今どきって自分で映画も選べるし、選択肢も広くて楽しいんですね。

さて、これで我が家のサムイ島旅行の話は終わりです。長々と引っ張ってきましたが、最後まで読んでいただき、どうもありがとうございましたー!
[PR]
by gudigudi | 2007-01-26 22:28 | | Trackback
出国、サムイ空港
c0044256_1954860.jpg
サムイ国際空港。藁葺き屋根のオープンな平屋が空港ターミナルです。
待っている間、お猿さんの相手をしてくれる親切な若者たち数名。小さなボールで猿回し…いえサッカーをして時間つぶし。

c0044256_1954297.jpg
残ったタイバーツで長男はお気に入りのココナツジュースを。かなり気に入ってたようですが、わたしにはこの味は理解出来ない。

c0044256_19544835.jpg
出国手続きを済ませて待合室へ。全てがオープンなので出国するという雰囲気ではないですね。

c0044256_19551390.jpg
待合室ではコーヒー紅茶、ジュース数種、クッキーやキャンディーが食べ放題。欲張りなお猿さんは全種類制覇です。

c0044256_19554050.jpg
オープンエアの可愛いバスに乗り込んで、飛行機に向かいます。


c0044256_19591386.jpg
周りの緑と合ってますね〜。遊園地みたい。

c0044256_19593610.jpg
これまた可愛いバンコクエアウェイズのシンガポール行きに乗り込み、サムイの旅は終わろうとしているのでした。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-26 20:21 | | Trackback
チャウエンの夜
c0044256_1951722.jpg
夕暮れ時のBanana fansea前。チャウエンビーチロードをぶらぶらと北上しながら夕食をとるお店を探します。

c0044256_1953776.jpg
目当てのお店がみつからなくて、適当にシーフードのお店を覗きます。店の前のメニューを比べてなんとなく良さそうな店へ。入ったときはガラガラだったのに、八時頃になると満席でした。

c0044256_1955923.jpg
店頭に並べてあったシーフードからいくつか選んで料理してもらいました。にんにくで炒めたムッセル、美味しかったな〜。パスタも美味、サムイはイタリア人も多いらしいです。

c0044256_1962037.jpg

歩いてる途中で降り出した雨も本格的になりました。帰りはソンテウという乗り合いタクシーでホテルまで戻ります。


c0044256_1925565.jpg
バンを改造したソンテウは慣れてしまえばとても快適。開放的で外がよく見えるので景色も楽しめます。雨のチャウエンを撮ろうとカメラをかまえると、すぐ後ろに二人乗りのバイクがつきました。運転していたのは間寛平似のお兄さん、雨で全身びっしょりなのにのんびりと運転している様子。

c0044256_19783.jpg
カメラを構え直すと「撮るのー?まいったな〜」といった感じで笑ってました。あまり撮るのも悪いかな、と遠慮がちに二回シャッターを切って、「ありがと!」って手を振ったら、カンペイちゃんも手を振り返してくれました。
この写真が一番楽しみだったのに、現像してみるとピントはずっと奥の方。もっと図々しく何枚も撮っておけばよかったぁ。
雨で濡れた髪がツンツンと立った笑顔のカンペイちゃんはとてもフォトジェニックで、映画のワンシーンの様に印象的な夜でした。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-26 19:51 | | Trackback
サムイ島のパンケーキ屋さん
c0044256_2302869.jpg
夜のチャウエン通りを歩いているとパンケーキ屋さんに出逢いました。メニューの中からBANANA HONEYを注文。


c0044256_230461.jpg

ピンポン球くらいの生地をおじさんは手で器用にのばしていきます。おじさん結構毛深いですね。
c0044256_231515.jpg
かなり薄〜くなったところで横の鉄板に生地を移します。
c0044256_2312420.jpg
バナナをサクサクッと切って、
c0044256_2314482.jpg
蜂蜜をタラ〜リ。
c0044256_232588.jpg
パタンパタンと折り畳んでちょっと多めの油で揚げ焼きします。
c0044256_2322394.jpg
薄い生地が重なってサクサクなのでちょっとパイっぽいです。バナナと蜂蜜の熱々パイ、とっても美味しいー!もし行く人がいたらこれはオススメです。渡される時にコンデンスミルクをかけるか?と聞かれたのでいらないと答えたのですが、かけてたら甘過ぎだったな。BANANA HONEYは25バーツ(75円)、EGG CHEESEってのも食べてみたかったな。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-22 23:14 | | Trackback
CHAWEN BEACH (チャウエンビーチ)
c0044256_22394666.jpg
BANANA FANSEA RESORTでの朝ご飯はこんな感じ。海が見えるプールサイドのレストランでビュッフェスタイルです。野菜中心を心がけてましたね。

c0044256_22402589.jpg
季節的に波も高く、ビーチは泳ぐ人よりは寝っころがってくつろいでる人が多いです。ベストシーズンはもうちょっと先で、春先には遠浅の静かなビーチが楽しめるらしいです。その頃にまた行きたいなぁ(無理っ)。
c0044256_2240747.jpg
ビーチでゴロゴロしてるところに物売りのおじさんやおばさんがやってきます。とうもろこしは人気で、この日は夕方になって子供がどうしても食べたいと言うのでビーチでとうもろこし屋さんを探しました。やっと見つけたトウモロコシ屋さん、そろそろ店じまいだったらしくバナナを二本おまけしてくれました。

c0044256_22404544.jpg
その場で皮を剥いて炭火で焼きます。醤油っぽいものを途中でササッと塗ってくれます。味は、まぁ可もなく不可もなく。結構大きいので全部食べるとお腹いっぱいになりますね。

c0044256_2241556.jpg
ビーチでは他にも焼き鳥屋さんがいて、数種類の串に刺したお肉をやっぱり炭火で焼いてくれます。これは最終日に食べようと思っていたのに、雨のため残念ながら食べ損なってしまいました。あと、ソムタム(パパイヤのサラダ)も石臼でニンニクやスパイスを叩いてその場で和えてくれるというのも食べたかったな〜。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-22 22:42 | | Trackback
サムイ島に行ってきました〜再びチャウエン
c0044256_0565225.jpg

ナンユアン島を後にして再びチャウエンビーチのバナナファンシーリゾートに戻りました。これから残り三泊は更にだらだらと過ごします。
朝起きて、食べて泳いでまた食べて泳いで、夜また食べて寝る。
こんな生活いつまでも続かないかな〜と思うのですが(もちろん先立つものがあれば)、三日でも長過ぎると考えるのがオット。わたしと正反対です。

近所の市場に行ってみました。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-18 01:23 | | Trackback