サムイ島に行ってきました3
c0044256_8462799.jpg

三日目はサムイから高速カタマランで二時間のタオ島へ。
船は切符売り場から大混雑、船の中も上のデッキ席も満席でした。老若男女、皆さん日焼けしたい様子でデッキ席は人気です。後から気がついたけどこの夜は満月。途中で寄るパンガン島という島では満月の夜にはオールナイトのフルムーンパーティーが開かれます。そこへ向かう人が多かったのでしょうね〜。サムイはデカプリオの「ザ・ビーチ」の舞台にもなっていて、もともとバックパッカーの多い場所。フルムーンパーティともなれば夕方から専用の船も出て朝までどんちゃん騒ぎらしいです。

c0044256_8471031.jpg
そんなパンガン島で半分くらいの人を下ろし(また結構乗って来るんですけど)、更に一時間程でタオ島に到着です。

c0044256_8474178.jpg
ホテルはcharm churee villa(チャームチュリーヴィラ)。ピックアップの車でホテルまで15分程。実は歩くと近道があって10分でつく道のりです。
チェックインをしながら飲んだオレンジジュースを最後まで飲みたいと言う次男とわたしは後から行くことにして、夫と長男は先に部屋へ案内されました。ま、すぐに迎えにくるだろうと思って、ゆっくりと人の残した分まで飲み干す次男をせかしもしなかったのですが…



c0044256_14493738.jpg

飲み終えた次男と二人で夫たちが向かった方向に進む、進む、進む。
むむ?ホントにこっち?と不安になったので、次男に長男の名前を呼ばせてみる。いや、静かなリゾートなので自分で大声出すのはちょっと恥ずかしくってね。
おかしいな、迎えにこないな〜と思いながら更に進んで出くわしたこの風景。海の向う側の建物の更に向うに白いTシャツを来た人物発見。オットのようでもあるが、違うようでもある、いや、違っていて欲しいと願う私。まさか、あんなに遠いのー?
一度レセプションに戻って人を捜して道を聞いて再び部屋に向かった所でオットと長男が迎えに来ました。そして、さっきの場所で長男が「ママ、あそこが部屋だよー!」と嬉しそうに指差した場所はやっぱりさっきの岩場。ひぇ〜〜〜〜、と私。

c0044256_8482160.jpg
長男はわたしたちを部屋に案内しながら大興奮。子供ってこんなとこ好きですよねー。いや、好きそうだからココにしたんですけどね。

c0044256_848479.jpg

部屋はサンセットヴィラ。サンセットったって、太陽の沈む方向は崖なのでそのネーミングは無理矢理です。本当はビーチに建っているビーチフロントヴィラが希望だったのですが、そちらの方は早々に満室。
サンセットヴィラは海に面した大きなテラスの両端にベッドルームが二つあり、テラスから下に降りるとそのまま海に出られるようになっています。波が静かだったら、そのままシュノーケリングとかするのかな。
c0044256_8491065.jpg
レセプションからこの部屋まで来る間にプライベートビーチを通ります。私たちの部屋はこのリゾート中でも一番奥の部屋なわけですね(ぜぇぜぇ…)。それでも階段をとんとんとんとんとんとんとんとん…とんとんとんとんとん、くらい降りると直ぐにビーチです。
こじんまりとしたJANSON BAY。並べられたビーチベッドは二種類あって。黒いマット(高級使用)はリゾートゲスト用、白いプラスティックのマットなしベッドはビジター用。そう、誰でも100バーツ(約300円)払えばこのビーチに入ることが出来るのです。とは言ってもすいてますね。
ビーチにはシュノーケリングの道具を貸してもらえるカウンターがあって、子供用も用意されています。そしてもちろんバー完備。この日のお昼はビーチマットの上でサンドウィッチとビールで済ませました。

c0044256_8493253.jpg
このビーチ、波打ち際まで魚がいます。種類は少ないけれど子供たちは大はしゃぎです。

c0044256_8495147.jpg
天気の良い日だったので夕方までこのビーチでのんびり過ごしました。

c0044256_14254671.jpg
そして夕暮れ時。直接のサンセットは見れないものの、目の前の海、そして空の色が変わって行く様子は素晴らしく、冷蔵庫にあった赤ワインで乾杯です。
[PR]
by gudigudi | 2007-01-14 14:28 | | Trackback
トラックバックURL : http://stew3.exblog.jp/tb/5301474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サムイ島に行ってきました4〜ナ... サムイ島に行ってきました2 >>