旅の記録〜3日目:セビリヤ観光
c0044256_23233723.jpg3日目朝、目が覚めると外は雨。折りたたみ傘は用意していたけど、面倒なのでホテル内で朝ごはんを食べることにする。
HOTEL ALMINARは15部屋程度の小さなホテルで特に食堂というものはない。入口脇に小さなフロントデスク、それとわたしたちが泊まった一階奥の部屋との間にこじんまりとしたラウンジスペースがある。このラウンジにはドリンクバーがあって、宿泊者は無料で飲むことができる。とは言ってもマシンで作るカフェコンレチェはミルクが薄くてあまり美味しくないのだけれど。



















c0044256_2323542.jpg朝食は一人につき6ユーロで全てセルフ。ハム、サラミ、チーズ、フルーツ、シリアル、ヨーグルト、そしてパンとバターとジャム程度。飲み物はドリンバーから自由に選ぶ、けどミルクが美味しくないので当然カフェコンレチェも美味しくない。雨の中外に出るのは面倒だけど、もうちょっと美味しいコーヒーが飲みたかったな。















c0044256_2324123.jpg幸運なことにお昼前には雨もやんだので昨日乗った馬車のコースをたどって黄金の塔を見に行く。オットはこの手の塔を見るのが好きなのだ。途中アルカサルの前を通るが行列しているためまた帰りに寄ることに。
右:黄金の塔。














c0044256_232433100.jpg黄金の塔を眺めた後は川沿いをしばらく散歩。ちょうどお腹もすいて来たので川を渡った向こう側に見えているレストランに行ってみた。











c0044256_2324528.jpgBar KIOSUCO、シーフードのフリットが名物らしい。外のテラス席に座っているとひっきりなしに客が入れかわる。中の席も混んでいるようで店員さんは大忙し。なんとかサラダとフリット盛り合わせを注文する。雨上がりの空気は清々しくてビールがとっても美味しい!
















c0044256_2325876.jpgフリット盛り合わせにパンを齧ってお腹はちょうどいい感じにふくれた。














c0044256_2325383.jpg渡って来た方からもう一本先の橋を渡って元いた岸へ戻る。時々雲の間から差し込む日差しは朝の雨が嘘のように強い。






















c0044256_2326290.jpg濃い緑の中をゆっくりと、今度はスペイン広場を目指して歩く。















c0044256_23252564.jpgスペイン広場についた時、トイレに行きたくなっていたわたしと長男。広場の観光もそこそこにトイレを探すが見当たらない。やっと見つけた門の前にある自動清掃機能付き有料トイレ、有料のくせして汚なすぎる!ガーッというものすごい音をたてて清掃している(と思う)ようなのに、こんなんじゃー座れない、、、立ってできる長男だけ用をたして、わたしは再びトイレを探してさまようのでした。
結局スペイン広場はよく見ないまま旧市街に向かって足早に歩くわたし。ちょっと離れたところに見つけたカフェでトイレを借りてホッ。












c0044256_23262047.jpgカテドラルまでトラムに乗ってみました。が、切符はどうするの?みんな買ってる様子がないのでそのまま乗り込んでみると、車内で切符を機械に入れて何やら印字かなにかしている様子。切符売ってたっけー?とか、中で買えないのかな、周りを見回している間に到着〜!そのまま降りて、、、路面電車なので特に改札もなし、、、というわけで生まれて初めての無賃乗車してしまいました、ゴメンナサイ(良い子の皆さんは真似しないように〜)。
右:車内真ん中辺りにある赤い箱のようなもの、これが検札機で、本当は乗る前にホームにある券売機で切符を買っておいて、ここで検札してもらうんだと思います。ニースのトラムと同じならばそうだよね。










c0044256_23263873.jpgアルカサルはまだ長い列を作って並んでいたので世界遺産にもなっているカテドラル(セビリア大聖堂)入口へ。
この教会、どうやらヨーロッパで三本の指に入る大きさ、だったか三番目に大きい、だったか(同じことか)。中に入ると確かに天井が高くて荘厳な雰囲気。ジッとしていると、、、なんだか感じるような、、、何かいるような気配とか、、、重苦しい空気、、、なんてことをどちらかで読んだことがあったのですが、わたしはなーんも感じませんでした、そういうタイプです。














c0044256_2327092.jpgそのまま鐘楼部分のヒラルダの塔に登ることにして指示に従って進むと、進むと、、、塔のてっぺんまでは歩きのみ。狭いスロープをグルグルと回りながら延々と登ります。お年寄りも頑張って登っていました。スロープなのでベビーカーも登っていました。
















c0044256_23272641.jpg途中石造りの小窓から外を覗きながらエッチラオッチラとようやくてっぺんに到着。この日は沢山の人が登っていて窓から景色を眺めるのも混み混みでしたが、地上70メートルから見下ろすセビリヤの街の美しいこと!














c0044256_23281437.jpg夜ご飯。日曜だということで開いているお店は少なめ、おまけに子供たちはおネムモード。カテドラルと反対側のトラムの始発、市庁舎に向かって歩いていると数件のバルやレストランが開いていました。サンドイッチとハムを買って帰るつもりがちょっとだけカウンターでつまむことに。突き出しのパンとオリーブ、生ハム、アサリ蒸し、セルベッサ(生ビール)。
















c0044256_23283593.jpgサクッと食べてお勘定を頼むと柱に計算するおじさん。カメラを構えているうちに計算終わっちゃって、それでもカメラを構えているわたしに気づきカメラ目線で再び書くフリしてくれました(笑)さすが、サービス精神旺盛です!
[PR]
by gudigudi | 2009-05-22 00:47 | | Trackback
トラックバックURL : http://stew3.exblog.jp/tb/11589381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 旅の記録〜4日目:セビリヤから... 旅の記録〜2日目:マドリッドか... >>